時代に乗り遅れないフリマアプリ活用術

効果的なやりとり

価格設定をする

アプリに出品した古着を買ってもらうには、適正な価格設定も大事です。
まずは、相場を調べます。
相場を基に価格を考えるのですが、この時に想定した額よりちょっと高めに設定します。
値下げ交渉をされる可能性があるからです。
同時にその額は、もし自分がこの商品を買うとしたら、の最高値も兼ねている額にします。

フリマアプリでは、個人と個人の取引なので、社会のニーズが決して高くない傾向の物でも、買いたいという個人が現れれば、売れるのです。
そもそもこんなものが売り物になるのだろうかとか、かなり使い古しているけれども需要があるのだろうかと思うような物でも、出品すれば、それなりの値段で売れるかもしれません。
出品前に尻込みするのは、もったいないことかもしれませんよ。

やりとりのコツ

フリマアプリでは、出品者に問い合わせコメントを送ることが可能です。
そして売買が成立するまで、何回かやりとりをするのが一般的なようです。

コメントでは商品内容につての問い合わせはもちろんの事、時には値下げの交渉もあります。
この商品を、いくらいくらなら買いますがどうでしょうか、といった具合です。

値下げの話を持ちかけられても、すぐに応じないほうがいいそうです。
アプリでは売買の履歴が残るので、値下げに応じる取引を続けていると、この出品者はすぐ値下げしてくれると思われかねないからです。
値下げの交渉は一旦お断りしましょう。
そして出品してからの目安として、2~4日経っても売れないとなったら、そこで値下げを検討しましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る