時代に乗り遅れないフリマアプリ活用術

他の方法と比較して

写真を撮る

売る為には、出品された古着を思わず買いたくなるような、魅力的な写真を載せたいものです。
写真は、アプリを開いた人に向けた、最大の情報源のひとつとも言えます。
ブランド名があれば目安になるかも知れませんが、全体として保証の無い状態で買ってもらう訳なので、写真の情報はかなり大事だと考えられます。

コツとしては、撮る時に明るい背景を選びます。
前正面からの写真はもちろん、裏側や、内側、ファスナーやボタンなど細部のアップ写真も添えられていると、より親切になります。
また、正直に傷や汚れも写真で説明しておくと、誠実さが伝わりそうです。

写真の公開にはそのような、商品に対して出品者が寄り組む姿勢も表れるのだと思います。
誠実な姿勢でお客様の信頼をいただき、売り上げに繋げていきましょう。

商品説明文を書く

写真同様、商品説明文もかなり大事な要素です。
あまり文章が長くなっても、商品の良さが伝わりづらいかもしれません。
簡潔に、かつ分かりやすい文章を心がけましょう。

とはいえ、なかなか素人には難しいかも知れません。
分かりやすい例としては、ブランドの物は、必ずブランド名を本文中や商品タイトルに入れます。
本物のブランドでなくても、あそこのブランドに似ている、など例えてもいいでしょう。
商品のイメージがしやすくなると思います。

またアプリには、商品検索機能が付いています。
検索に引っ掛かりやすいワードを選んで使うのも一手だと思います。

アプリには、商品の紹介の他に、出品者のプロフィールも載っていたりします。
例えば平日は電話が繋がりにくいとか、正直に申告することが、信頼に繋がります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る