フリマアプリで古着を売る賢い方法とコツ

時代に乗り遅れないフリマアプリ活用術

他の方法と比較して

フリマアプリで古着を売るには、出品記事の充実が欠かせません。 綺麗で分かりやすい写真、明解な商品説明など。 時には内容が変わらない程度に、写真に手を加えたりもあるようです。 多くの出品の中から選んでもらうには、工夫が必要です。 具体例を挙げながら、ご紹介します。

魅力的な出品法

古着を処分したい、売りたいと考えた時に、まず選択肢が3つ考えられます。
オークション、買い取りショップ、フリマアプリの3つです。

オークションは、期限を決めて出品して、落札者に売る仕組みです。
思いがけず高値で売れるかも知れないなど、メリットはありそうです。
一方でオークションは、利用している人と全く利用しない人が大きく分かれている傾向があります。
普段利用しない人、慣れていない人には利用方法が少々取り組みづらい面もあるようです。

買い取りショップは、店頭に古着を持ちこむなどして査定してもらいます。
物によっては、かなり安く買いたたかれてしまうこともあるようです。
店によっては、古着の質はもとより、総重量で買い取るところもあるようです。
こうなると古着というよりは、大きく資源と捉える向きのほうが大きい気もします。

そしてもうひとつが、フリマアプリです。
操作が簡単で、誰でも始めやすいというメリットがあるようです。
また料金的にも、出品料などは無料のところも多いそうです。
初期費用の心配なく始められます。
そんな手軽さも受けて、注目を集めてきているようです。

フリマアプリで古着を売るには、どのような賢い方法やコツがあるでしょうか。
手軽に誰もが始められて、注目されているということは、多くの人が利用していると思われます。
そんな中で、自分の出品した商品を買ってもらうには、どうしたらよいでしょうか。

実は筆者は利用したことがありません。
調べていくうちに、利用したくなるでしょうか。

効果的なやりとり

フリマアプリでは、出品者とお客様との間でメールのやりとりが行われます。 商品内容の問い合わせや、時には価格に関しての交渉もあります。 日常的にあるそうです。 価格はどのように考え、決めていくのか。 やりとりでの賢い行動はどんなものがあるのか、調べました。

賢い方法とは

番外編として、フリマアプリにおける転売の話にもふれました。 これはこれとして、古着はちゃんと洗濯しておくとか、即レス、即発送だとか、きちんとするところは押さえているようです。 それでも、筆者はあまりおすすめできる行為ではありません。 そして古着を売る賢い方法とコツを、まとめました。

TOPへ戻る